レンタル前には必須!ドメインの取得

ドメイン取得はビジネスには必須、ドメインとは長いつきあい

今やビジネスの現場において、ホームページやメールを活用しないケースは、ほとんど見られません。そのために必須となるのがドメインです。ドメイン取得は、新規ビジネスの立ち上げだけでなく、伝統的な企業やお店においても、必須となっています。
ドメイン取得にあたって注意すべきことは、第一に、ドメインとして認識されやすいドメインを選択することです。末尾のドット以降が「.com」「.net」「.jp」は、特に、ドメインとして理解されやすいため、人気があります。
第二に、ドメインを取得する際には、ビジネスが終了するまで保持することはもちろん、ビジネス終了後もドメインだけは維持し続ける覚悟が必要です。これはどういうことかというと、不要になったドメインを手放してしまうと、悪意のある第三者にドメインを再取得されてしまい、いわゆるアダルトサイトや不正サイトなどに転用される「ドメインハイジャック」のリスクがあるためです。

わかりやすいドメイン「e」「net」「web」を付ける手も

ドメイン取得にあたって難しいケースは、知名度の高い企業や人物と同一名であるがために、既に、希望するドメインが第三者に取得されてしまっているケースです。
この場合、選択肢は二つあります。一つは、ドット以降の文字列が「.tv」「.to」「.in」などを当たってみるという方法です。しかし、「.com」「.net」「.jp」以外はドメインとしての認知度がやや劣るほか、ビジネスの現場ではあまり使用されないため、顧客に与える安心感という点で今ひとつ劣勢となる感が否めないことにあります。もう一つほ方法は、ドメインのドット以前の文字列に、「e-」「-net」「-web」などの、インターネットを連想させる文字列を付加するという方法です。この方法であれば、ドット以降の文字列が「.com」「.net」「.jp」であっても、なんとかドメインが取得できるケースが多々あります。

ホームページを作りたいと思った時、自力で作る方法とホームページ制作を手掛けてる会社に依頼する方法があります